3つの色を決めよう

バランス良くインテリアを揃える

色も、モダンな和室を作る時に見逃せない項目です。
デザインが良いインテリアでも色が合わないと、不格好に見えるので注意してください。
部屋をコーディネートする時は、ベースカラーが70パーセント、メインカラーが25パーセント、アクセントカラーが5パーセントになるように工夫してください。
この割合を守ることで、色のバランスが良くなります。

和室では何がベースカラーになるのか考え、それからメインカラーやアクセントカラーを決めましょう。
ネットでインテリアを購入しても良いですが、パソコン上に出ているインテリアの写真が、実物と異なっている場合があります。
イメージと色が違うというトラブルが起こらないよう、よく確認してから買いましょう。

目立つ色を使ってみよう

和室のベースカラーは畳や障子、襖に使われている色になります。
すると薄緑など、淡い色が多くなるでしょう。
メインカラーやアクセントカラーもそのような色では、部屋が全体的にぼんやりとした印象になってしまいます。
もっとメリハリを付けるために、アクセントカラーに目立つ色を使ってください。
モダンな雰囲気にするなら、赤や黒などがおすすめです。

そのような色の絵やポスターを飾るだけでも、雰囲気が大きく変わります。
おすすめは、アクセントカラーのインテリアを2つほど配置することです。
例えば赤がメインの絵を飾ったら、テーブルに赤い花瓶を置いたり、花を飾ったりしましょう。
するとさらに空間が引き締まり、カッコ良い和室になります。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
△ ページTOPへ