低いインテリアがおすすめ

目線ぐらいの高さ

テーブルやイスを置いても良いですが、背が高すぎるものは和室との相性があまり良くありません。
納得できない時は、ローテーブルを置きましょう。
そして床に座るスタイルにすると、満足できると思います。
そもそも和室は、床に座りながら生活を送ることを想定して作られています。
ですから座った時の視線ぐらいの高さのインテリアの方が、相性が良いです。

背の低いインテリアだと、空間がスッキリする面がメリットですね。
部屋を広く見せられるので、ゆったりとした和室にしたい時におすすめです。
まずは自分が座った時に、どのくらいの高さになるのか知りましょう。
そしてお店で良さそうなインテリアが見つかったら計測して、高すぎないことがわかったら買ってください。

頻繁に掃除をしよう

注意してほしい部分は、和室はカビが発生しやすい部屋だということです。
特に畳の上に直接置くソファーや座椅子は、湿気が原因でカビが生えて、使えない状態になってしまいます。
こまめに配置を変えるなど、ずっと同じ位置にならないよう工夫してください。
部屋の窓を開けて、換気することも重要です。
掃除しやすいことを考慮するなら、あまりインテリアを置かないように心がけましょう。

モダンな雰囲気にしたいからと、むやみインテリアを置くと床面積が狭くなり、掃除しにくくなってしまいます。
結局掃除を怠り、和室が汚くなっていくので、自分で掃除できる範囲内のインテリアを置きましょう。
少なくても1週間に1回は、綺麗に掃除してください。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
△ ページTOPへ