おすすめリンク

東京のペルシャ絨毯の専門店

東京にあるペルシャ絨毯の専門店で売られているペルシャ絨毯の作られた過程とその模様の価値。

モダンにふさわしいインテリア

和室だからと、全て和風なインテリアで揃える必要はありません。 モダンな雰囲気を作るためには、洋風なインテリアも必要です。 洋風なインテリアと和室の相性は良いですし、よりおしゃれな雰囲気になります。 和室に置くなら、直線的なデザインのものが良いでしょう。

真逆のインテリアを置こう

シンプルでおしゃれな雰囲気を演出できるので、モダンが人気を集めています。
和室をモダンにしたいなら、1つは真逆のデザインのインテリアを置きましょう。
意外と洋風なインテリアでも和室に馴染み、モダンなカッコよさを発揮できます。
畳のナチュラルな雰囲気を大事にしたい人は、木製のインテリアを選択すると良いですね。
木製のインテリアを置くことで優しさや、温かみを感じられる空間になります。
リラックスできる和室にするためには、このようなインテリアが必要だと覚えておきましょう。

和室をどのような色にするのか、という部分も重要です。
意識しなければいけないのはベースカラーやメインカラー、アクセントカラーです。
それぞれの割合がバラバラにならないよう、色も確認しながらインテリアを飾りましょう。
和室は、淡い色合いが多くなります。
全てのインテリアがそのような色ではメリハリが出ないので、アクセントカラーに目立つ色を選択するのが良い方法です。

和室で過ごす際は、座ったリ寝転がったりする姿勢が多くなります。
ですからインテリアは、背の低いものを選びましょう。
背が高いインテリアだと圧迫感を抱きますし、部屋が狭く見えるデメリットがあります。
座った時の目線ぐらいの高さのインテリアがあると、開放感を得られます。
過ごしやすい空間になるので、事前にどのくらいの高さだと合うのか計測しておきましょう。
それから、お店にインテリアを買いに行ってください。

3つの色を決めよう

和室に限らず、部屋のインテリアを買う際はベースカラーとメインカラー、アクセントカラーを決めなければいけません。 これらをバランス良く取り入れることで、素敵な部屋になります。 和室は淡い色になりやすいので、モダンな雰囲気を作るためには、少しだけ目立つ色を入れましょう。

低いインテリアがおすすめ

背の高いインテリアを並べると圧迫感を抱いて、リラックスできる環境ではなくなってしまいます。 開放感を演出できるように、できるだけ背の低いインテリアを選んでください。 座った時の目線になるぐらいの高さだと、見栄えも良いですし、生活を送りやすくなります。

△ ページTOPへ